プロミスの限度額を変更するときの審査基準とは

プロミスの限度額を変更するときの審査基準は、新規で借入をしたときとほぼ同じです。新規の時と大きく変わっていることが1つあります。それは、プロミスの利用履歴ができているというとです。プロミスを1年間利用して、延滞を1度もせずに、毎月返済をしてきているのであれば、有利な要素ができています。逆に、延滞を1度でもしてしまっていると、約束された期日に支払いをしなかったということなので、信用が落ちているでしょう。

プロミスで限度額を上げる方法は、自分で増額審査に申込みをする方法と、会社からの連絡を待つ方法の2種類があります。特に限度額を上げる必要性がない場合には、プロミスから「限度額を上げられます」という連絡が来るのを待ったほうが無難かもしれません。なぜなら、自分で増額審査に申込みをすると、逆に限度額が下がったり、利用停止になってしまうリスクもあるからです。延滞を繰り返している人、転職をして給料が下がった人、他社からの借金が増えた人など、属性が悪くなっている人は要注意です。

延滞をしておらず、属性に大きな変化もない人なら、高い確率で限度額は上げられると思われます。延滞をせずにプロミスを利用しているという要素だけでも、限度額は上がることがあります。近年ではキャリアアップのための転職はあたりまえになっているので、転職をしていてもキャリアアップした場合には、不利にならないこともあります。その場合、キャリアアップして給料が上がったということを証明できるものが用意できるとよいでしょう。
プロミスの借り方を全公開!即日お金を借りたい方の必需バイブル!はこちら