総量規制対象外の審査は甘い?銀行の本音とは?

総量規制対象外カードローンの審査は甘いのでしょうか。総量規制対象外というと銀行が代表的な金融機関ですが、本音のところはどうなのでしょう。これは、結論から先に書きますと、決して甘いとは言えないと考えられます。総量規制対象外であるということはそれだけ融資限度額が高くなる傾向にあるのは間違いありません。融資金額が多ければ多いほど、甘い審査などしていては大変なことになってしまいます。
また、審査の甘い辛いについては、総量規制対象外かどうかということ以外にも、金利の面からもある程度推し量ることができます。実際、消費者金融と銀行とで貸出金利を比較してみると良いでしょう。両者とも、融資金額が高くなるに従って金利は低くなる傾向にありますが、同じ融資金額で比べれば、銀行のほうが消費者金融よりも金利は低いことが一般的です。
これが何を意味しているのかというと、まさに審査の甘い辛いに直結しているのです。金利が低ければ低いほど、万が一の貸し倒れが起こった場合のリスクは高くなります。金利が高ければ、多少貸し倒れが起こったとしても他の顧客への融資による利息収入でカバーすることも可能ですが、金利が低いとわずかな件数の貸し倒れであってもその損害を挽回することは難しくなってしまうからです。
これは、低い金利で貸すためには、貸し倒れを起こさないような人をより厳格に審査して選ぶ必要があることを意味しています。つまり、審査を厳しくしないといけないということです。